アントシアニンの効果|花粉症に頭を抱えているなら

家族

更年期障害の対策

婦人

定説を覆す新事実

女性の更年期障害の症状緩和には、長年、大豆や大豆製品に含まれている大豆イソフラボンが良いとされていました。しかし、近年では大豆イソフラボンではなくエクオールが効力を示すことが判明しています。エクオールは、大豆イソフラボンが人間の腸内で変換されて誕生する成分です。ならば、従来どおり、大豆イソフラボンを摂取していれば良いのではないかと思ってしまいますが、それは違うのです。腸内で大豆イソフラボンをエクオールに変換するためにはエクオール産生菌という腸内細菌の力が必要となるのですが、その腸内細菌を持っている人が日本人では2人に1人しかいないのです。従って、大豆イソフラボンを摂取しても効果がない可能性は大いにありますから、エクオールを摂取した方が良いのです。エクオールはサプリメント等で摂取することができます。

男性や若い人にも有意義

更年期障害の原因となるのが、エストロゲンという女性ホルモンの減少です。エクオールは、エストロゲンに似た分子構造をしています。従って、エストロゲンの減少で空いてしまったエストロゲンの受容体に代わりに入ることができ、エストロゲンと同じような働きをすることができるのです。エストロゲンの受容体は全身にあり、そのため、更年期障害の症状は多岐にわたっています。また、エストロゲン減少の影響は、更年期障害に関わることだけではないのです。薄毛の原因の1つだともされており、また、まだ研究段階ですが、心臓の疾患にも影響があるのではないかと考えられています。従って、男性もエクオールを摂取することは有効なのです。加えて、若い人の方が腸内でエクオールを作ることができない傾向にありますから、若い人にとってもエクオールの摂取は有効です。